ちょっとそこまで LINK東三河
★豊橋総合動植物公園★
★豊橋総合動植物公園★
ポカポカ陽気に誘われて、豊橋総合動植物公園に散歩に来ました。
2月だというのに今日は3月下旬の陽気だそうです。
日差しも柔らかく、菜の花も咲いていました。
2009/2/4
場所はここです(地図)
園内にある「豊橋市自然史博物館」の外には巨大な恐竜が何頭もいます。
恐竜はペイントしたようで色鮮やかになっていました。
聞いた話ですが、実は恐竜の色は化石からでは解らないそうです。
そのため色はあくまで架空のものらしいです。
実際にはピンクだったかもしれないし、真っ黒だったかもしれません。
色々な色を想像すると楽しいです。
「豊橋市自然史博物館」は地球の誕生から、現代までの歴史を紹介しています。
その中でもやっぱり恐竜が一番興味を引きます。
画像だと、その大きさが伝わりませんの、是非現地でご覧ください。


園内は半日ほどで回れるお手軽な動物園。入場料も\600円でお手軽。
前売り入場券は¥480円で有効期限無しなので、便利です。
散歩のつもりで園内をさらっと1周すると1時間程度の手ごろな散歩コースになります。動物など見て楽しみながら歩けますから、歩きも苦になりません。
2008/6/25
今回は中央門から入園しました。 他に西門と東門があり、入り口は3箇所です。
オーストラリア園ではカンガルーやワラビーなどがデッキの上から観察できます。 池のほとりの芝生で、のんびりとすごせます。

小さな子供向けの遊戯施設が何箇所もあります。 新しく出来たサルデッキです。
2階建て?の檻は広い空間で、のびのび暮らせそう?。 曇っていて、それほど暑くないせいか、サイが土の上でのんびり寝ています。
展望台から見た園内の景色です。 曇っていたので少し霞んでいます。
この日は水曜日だったので、入場者は少なくて広々としています。 ウイークデーは小さな子供をつれたお母さん達が多いようです。
年齢や身長制限のある遊具はジェットコースター1つだけです。 小さな子供が喜びそうな、可愛い水道です。
ガラスに覆われた丸い建物は植物園です。 ここから入ります。
熱帯雨林をイメージして滝もあります。
白いランが綺麗に咲いていました。 恐竜が沢山いる場所に自然史博物館があります。
豊橋総合動植物公園
愛称は「のんほいパーク
動物園、植物園、自然史博物館、遊園地がある総合公園です。
長島スパーランドなど怖いジェットコースターが主体の遊園地とは違い、小さなお子様連れでも楽しめる公園です。
http://www.toyohaku.gr.jp/tzb/


香水.バッグ.アクセサリー
編集責任者:クロノス (有)山口設計
お問い合わせ先

愛知県豊川市新桜町通2丁目8-1 0533-89-6766